千葉 靴のファミリー > 足と靴と健康のコラム > 低体温の人は落ち込み気分になりやすいって本当ですか?

足と靴と健康のコラム

2015/07/08

低体温の人は落ち込み気分になりやすいって本当ですか?

LINEで送る
Pocket

シューフィッターである私(オーナー 石川周三)が、およそ9,000人の方の足裏を計測してきた限りでは、低体温気味の方はどうも心の感度も低いようにお見受けします。

nayamiほかの人が笑っていても笑顔になれなかったり、日常で感動することが少なかったりなど、なにかと鈍感になっているのではないかと思います。

楽しいことを楽しいと、嬉しいことを嬉しいと捉えらないのは、ご本人もつらいことでしょう。

たまのことならともかく、落ち込んだ気分の状態が長く続けば、いずれうつ病を引き起こしてしまいかねません。

うつ病になると、常になにかに追われているような気持ちになり、不安感から眠れなくなり、食欲が落ち、ついには生きる力を失ってしまいます。

そうなってからでは元気だったころになかなか戻れず、本人もつらいですが、周りの家族もつらい思いをするのではないでしょうか。

そこでもし、いまあなたに低体温の自覚があるのでしたら、まずは1℃、体温を上げてみませんか?

平熱が35.5℃なら、36.5℃を目指すのです。

093923

体温が上がることで、血流が良くなり、むくみや毒素の排泄が促進されますから、体内のデトックスにつながります。

そしてこのデトックスは、心にも作用があると考えられます。落ち込んだ気持ちも一緒に流してくれるようですね。

さらに、体温が上昇することで免疫力が高まりますから、病気になりにくい身体をつくります。

もちろん、身体だけでなく心の免疫力も高まることで、それまで気にしていた小さなことが気にならなくなったり、不安に感じていたことがまるでなくなってしまったかのように、心が軽くなっていくでしょう。

kaishou身体の機能も、心の機能も、低体温では精一杯のチカラを発揮できません。

だからこそ、体温を上げてほしいのですが、そのための簡単な方法がウォーキングです。

騙されたと思って1日30分、歩くことから始めてみてください。

次第に、汗をかくことに気づき、足取りが軽くなり、心が軽くなるのを体感できると思います。

ウォーキングは、身体だけでなく、心の持ち方まで変えてくれますよ。ウォーキングで体温と、心の感度を上げていきましょう。

必ずや、温かな未来を開いてくれる手助けになるはずです。

※ただし、すでにうつ病と診断されている方は、医師に相談してから始めることをおすすめします。

新商品が入荷した際に、メールでお知らせするサービスを開始しました。
以下のフォームからメールアドレスをご登録いただくと、新商品入荷のご案内をお届けいたします。


オススメ記事一覧

フットプリントの様子

スタッフ紹介

靴のファミリー

靴のファミリー
所在地
〒264-0003
千葉市若葉区千城台南1-3-10
電話番号
043-237-0271
アクセス
千葉都市モノレール千城台駅から徒歩5分
営業時間
10:00~19:00
定休日
日曜日
駐車場
駐車場スペース二台分