千葉 靴のファミリー > 足と靴と健康のコラム > 靴を履いて歩くとき。指の付け根に針で刺すような激痛が走るとしたら、モートン病の可能性が

足と靴と健康のコラム

2016/12/10

靴を履いて歩くとき。指の付け根に針で刺すような激痛が走るとしたら、モートン病の可能性が

LINEで送る
Pocket

モートン病(モートン神経痛)。

あまり聞き慣れない言葉かもしれません。

特に、足指の周囲を締め付けるような靴(ハイヒールなど)を履いて、長時間歩く女性に多いとされています。

もし、靴を履いて歩きだすと、指の付け根に針で刺すような痛みがある方は、まずは我慢せずに整形外科を受診することをおすすめします。

魚の目やたことは、異なるものですから、安易な自己診断は危険です。

症状

足の中指から薬指にかけて、しびれや、激しい痛みがあります。人差し指から中指に症状がみられる場合もあるようです。

原因

ハイヒールのように、つま先を圧迫したり、幅の狭い靴を履き続けたりすることで、横アーチが崩れてしまうことが原因とされています。

ほかにも、硬い路面で運動をしたり、つま先立ちでの作業が多い場合も、症状が出るようです。

ashiura

対処法

整形外科を受診することはもちろんですが、まずはつま先の狭い靴をやめましょう。

そうすることで、中指と薬指の間に、神経が挟まりにくくなり、痛みを緩和することが期待できます。

サイズの合わない、ゆるくてブカブカな靴を履いている場合も、前に足が滑ってしまいますので、あまり良くありません。

また、低下してしまったアーチを支える意味で、インソールを入れることを検討してみてください。

どんなものでも良いわけではないので、靴のことインソールのことに精通した技術者(歩行トレーナーやシューフィッター)のいる店舗で選びましょう。

合わないインソールをいれることで、かえって症状がひどくなることもあるからです。

正しい靴を選ぶということ

痛みがあることで、かばい歩きをするようになりますと、さらに膝痛や腰痛を引き起こすこともあります。

できれば、モートン病になる前に、日頃から足に合った靴を履くことが、大事です。

痛みがともなうまでは、あまり真剣に考えないかもしれませんが、歩くことが苦痛になりますと、なにもかもやる気を失いかねません。

健康な人生を送るには、健康な足裏をつくり、しっかりとした土台をつくり、さらに保つことが必要です。

健康な足裏のために、特別な運動をする必要はなく、足に合った靴を履き、歩くだけでいいんです。

足に合った靴というと、履いていて痛くない、歩きやすいなど思い浮かべるかもしれませんが、実は多くの方が間違った靴選びをしています。

ゆるくてブカブカな靴を「楽である」と思ったり、足指が動かない靴を履いて歩くことを「歩きやすい」と勘違いしているだけなんです。

足に合った靴とは、正しい位置で重心がとれる靴のことを言います。

現代人は、足指を使わない浮き指歩行の方が非常に多く、それらが肩こりや腰痛を引き起こしていることは、あまり知られていません。

g_top_02

当店で扱っている、ストレッチウォーカーは、華奢(きゃしゃ)なデザインではありませんし、パーティに出かけられるような靴でもありません。

履くだけで重心ととり姿勢をととのえ、歩くことで筋肉を鍛える、健康のためのウォーキングシューズです。

そのため、足にお悩みのない方にとっては、興味の対象外からしれませんが、足が痛くない暮らしを思い描く方にとっては、まさに救世主のような存在です。

靴の改善は、姿勢や心持ちの改善につながり、健康的な毎日をもたらしてくれます。

靴のことでお悩みの方は、ぜひ1度、無料相談にお越しください。

こちらの投稿もおすすめです。

読むだけ講演会「靴の役割と健康」No.1
・健康寿命
・ロコモの現状と、3つの原因
・健康寿命を延ばすには

読むだけ講演会「靴の役割と健康」No.2
・足型に合った靴選び
・合わない靴が全身におよぼす影響

読むだけ講演会「靴の役割と健康」No.3(最終回)
・あなたのアーチは正常ですか?
・あしゆびじゃんけん、できますか?

悪循環

新商品が入荷した際に、メールでお知らせするサービスを開始しました。
以下のフォームからメールアドレスをご登録いただくと、新商品入荷のご案内をお届けいたします。


オススメ記事一覧

フットプリントの様子

スタッフ紹介

靴のファミリー

靴のファミリー
所在地
〒264-0003
千葉市若葉区千城台南1-3-10
電話番号
043-237-0271
アクセス
千葉都市モノレール千城台駅から徒歩5分
営業時間
10:00~19:00
定休日
日曜日
駐車場
駐車場スペース二台分