千葉 靴のファミリー > 足と靴と健康のコラム > 【施術動画掲載】指の間に魚の目ができた! その原因、ご存じですか?

足と靴と健康のコラム

2016/09/14

【施術動画掲載】指の間に魚の目ができた! その原因、ご存じですか?

LINEで送る
Pocket

魚の目は、できたことのある方にしかわからないと思いますが、すべての意識がそこにいってしまうほど痛みますよね。

歩くたびにチクチクと痛むのですから、一日中、気になってしまいます。

とても小さいのに、存在感が大きいのが、魚の目。

pixta_5615292_S

そんな魚の目ですが、実は足裏にだけできるものではありません。

なんと、指と指の間にもできるんです!

指の間に魚の目ができる原因とは

特に、つま先のせまい靴や、締め付けのキツイ靴下を履いている方は、注意が必要です。

せまいところに無理やり押し込まれた足の指たちは、互いに重なりあうなどして、せまいスペースで我慢しています。

さらに、ここに荷重体重がかかります。体重60キロのかたであれば、およそ90キロの荷重が足にかかりますから、摩擦による刺激は相当なものです。

摩擦が慢性化してくると、指は「自分を守らなくては!」と、次第に皮膚を固くしていきます。

さらに強い圧迫が続いていくと、表面だけではなく、皮膚の内部も固くなっていき、やがて魚の目となります。

痛みは、足の悲鳴です。

なんとかして~!と、助けを求めているのですから、我慢せずにケアしていきましょう。

根本的な改善の前に、まず痛みの解消から

魚の目をそのままにしていると、痛みをかばいながら歩くため、いずれ腰痛を発症してしまう危険性も高いのです。

根本的な改善には、足の筋力アップやアーチの回復を促すための靴選びが大切ですが、その前に痛みの原因となっている魚の目を除去しておきましょう。

当店には、ドイツ式フットケアの資格(フスフレーガー)をもったスタッフがいます。

フットケア専用のマシンを使い、優しくたこや魚の目の芯をけずっていきますので、出血や痛みはありません。

施術中は、眠ってしまわれる方もいるほどです。

施術の様子を動画にしましたので、ぜひご覧ください。

痛みは我慢せず、まずは応急処置。その後、根本的な原因を解決していきましょう。

喉元すぎればなんとやらで、除去してまた合わない靴を履いてはダメですよ。

痛みのない状態が、どんなに素晴らしいことか、すべての方に実感してほしいと思います。

フットケアのご予約については、こちらのページをご覧ください。
名称未設定-1

新商品が入荷した際に、メールでお知らせするサービスを開始しました。
以下のフォームからメールアドレスをご登録いただくと、新商品入荷のご案内をお届けいたします。


オススメ記事一覧

フットプリントの様子

スタッフ紹介

靴のファミリー

靴のファミリー
所在地
〒264-0003
千葉市若葉区千城台南1-3-10
電話番号
043-237-0271
アクセス
千葉都市モノレール千城台駅から徒歩5分
営業時間
10:00~19:00
定休日
日曜日
駐車場
駐車場スペース二台分