歩行トレーナー 渡辺晋仁(わたなべ ゆきひと)

マネージャー 渡辺晋仁

資格 上級シューフィッター、シニア専門シューフィッター、幼児・子どもシューフィッター、フットケアトレーナー(A級ライセンス)
星座 魚座
好きな食べ物 プリン
苦手な食べ物 魚のフライ
趣味 バレーボール
オススメの ウォーキングコース 銚子海岸ハイキングコース
靴のサイズ 26.0cm 足の長さが右足と左足で4ミリ違います。
お気に入りの靴 ニューストレッチウォーカー
ストレッチウォーカーに、さらに安定感が加わったシューズです。

インタビュー記事

渡辺さんは、とても研究熱心ですよね。なにかこの仕事にのめりこむきっかけがありましたか?

DSC_0795

やはり、自分でも靴を変えて、体の不調が改善されたことが大きいです。

仕事上では、靴底の修理から入りましたが、多くの靴を拝見していくうちに、削れ方の特徴などが目につくようになりました。

疑問をそのままにできない性格も手伝って、勉強会でお会いする整形外科医や整体師の方たちに疑問を投げかけてみました。

そこで、体のこと、筋肉、骨のことなど、本当にいろいろなことを教えられました。

靴底の削れ方を見て、体の不調を推測し、専門家の意見を聞いて証明する、といった繰り返しを続けているうちに、すべての謎がとけていきました。

行き着いた先は、体を改善したければ「重心を整えて歩くこと」。それはもう、確信に近かったです。

社長からも重心バランスの重要性は教えこまれていましたが、理論だけではなく、多くのケースを目の当たりにすることで、余計にすんなり腑に落ちたと言いますか、そんな瞬間がありましたね。目の前がパ~っとひらけたような。

だからこそ、靴だけではなく歩き方も整えたら、もっと効果が出るんじゃないかと思い、フットケアトレーナーの勉強を始めました。

その技術は、ファミリーのお客様に対し、どのように活かされているのでしょうか。

DSC_0810

当店には、履くだけで重心バランスのとれる、素晴らしい靴があります。

その靴を履いていただくのは大前提ですが、お客様の抱える悩みの解消のために、最適な靴をお選びするまでのプロセスが、社長や店長とは、ちょっとだけ異なるんです。

私はまず、歩いている姿をチェックします。

そのうえで『この歩き方なら右膝が痛いのではないだろうか』と、推測をします。

さらに右膝が痛む原因として、左をかばっているのではないか?と思ったらフットプリントや足裏チェックで確かめます。

その後ようやく、お客様の靴選びとなるんですが、人によって足のカタチは千差万別なので、履いてもらって歩く姿を確認してから、インソールを微調整するんです。

靴は、ただ立っているときにだけ履くものではないので、歩いたときのフィット感だったり、歩行のサポートだったりを意識して調整をしています。

本当にちょっとしたことで、全身のバランスは崩れてしまうんですね。

最近では歩き方を見れば、痛む場所や原因をかなり推測できるようになりました。

では、お客様へメッセージをお願いできますか。

004

歩行チェックなら、おまかせください!

ぜひ、日頃履きなれた靴を履いて、ご来店ください。その靴を拝見することで、どんなふうに歩いているかを確認できます。

お客様のお悩みは、目に見えるところだけにあるとは限らないので、歩き方を分析しながら、どこに負担がかかり、どこのバランスが崩れているかをチェックさせていただきます。

ひとりひとりに合わせた靴選びを提案していきます。

また、健康をメインとした靴だけでなく、個性的でお洒落な靴も多くありますので、1度お試しいただきたいと思います。

2015年11月現在 インタビュアー A.H

ほかのスタッフ紹介も、ぜひご覧ください。

オススメ記事一覧

フットプリントの様子

スタッフ紹介

靴のファミリー

靴のファミリー
所在地
〒264-0003
千葉市若葉区千城台南1-3-10
電話番号
043-237-0271
アクセス
千葉都市モノレール千城台駅から徒歩5分
営業時間
10:00~19:00
定休日
日曜日
駐車場
駐車場スペース二台分