千葉 靴のファミリー > お知らせ > 気になる「かかとの角質」。スベスベにする3つの方法を、健康に特化した靴屋の視点で紹介します

お知らせ

2019/05/08

気になる「かかとの角質」。スベスベにする3つの方法を、健康に特化した靴屋の視点で紹介します


5月も半ばを過ぎますと、女性にとっては、そろそろ「かかと」を出す機会が増えてくるころかと思います。

このファミリーのホームページでも「かかとの角質」に関する検索が増えるのが、この時期です。

そこで今日は、かかとをスベスベにするための方法を、順を追ってご紹介したいと思います。

1)冷やさない

かかとのガサガサの正体は、角質です。

角質とは古くなった皮膚のこと。本来なら自然に剥がれ落ちていくものですが、それを邪魔する要因のひとつに意外かもしれませんが「冷え」があります。

冷えるということは、毛細血管が働きにくくなるため、肌に必要な栄養や酸素が行き届かなくなり、その結果潤いを失ってしまうのです。

夏だからといって、かかとを露出してばかりいますと、空調などで冷やしてしまい、角質が増えてしまいかねません。

季節に関係なく、足を冷やさないようにすることは、角質ばかりか美容にも健康にも重要ですよ。

とくに、リフレクソロジー(反射療法)の考え方からすると、かかとの周辺には子宮や卵巣、腰回りなどの反射区があるため、冷やすことで体にも悪影響が及びがち。

たかが「角質」、たかが「かかと」と考えず、不調のサインととらえることで大きな病気を回避するきっかけにもなっていきます。

また、毎日、正しいサイズの靴を履いてウォーキングすることでも、毛細血管の働きを活発化させることができるので、当然かかとにも良い影響がうまれます。

2)乾燥させない

角質の大敵、もうひとつは「乾燥」です。

かかとは、毛がない(毛穴がない)ため、もともと乾燥しがちな箇所ではありますが、とくに冬の間、床暖房やこたつが暖かいからと、裸足で過ごしてしまうと、一気に乾燥が進みます。

「私はいつもしっとりしている」と思っている方も、それは単なる「汗」であることが多いんです。

汗はかいたとしても、足の裏には皮脂腺がないため、つねに潤い不足になりがちですね。

そこで、保湿はかかせないものとなります。

保湿クリームには、状況に合わせて使い分けが必要ですので、注意してください。

・軽い乾燥かかとの保湿の場合

最初は水分補給に、肌用化粧水を代用してもいいと思います。

様子をみて、あまり効果が感じられない場合は、油分が多めのクリームを選びましょう。シアバターやオイルが配合されているものがよいと思います。

クリームを塗りながら、マッサージをするのも効果的です。

そして、保湿クリームは、気になるときだけ塗るのではなく、毎日の習慣にすることが、もっとも大切です。

・分厚い角質の場合

「尿素」が配合されているものを選んでください。

「尿素」には、タンパク質を分解する作用がありますので、角質のない箇所に塗るのは、やめましょう。

かかとが柔らかくなってきたと感じられたら、普通のクリームに戻してくださいね。

・痛みをともなうひび割れの場合

ひび割れ用の市販薬などもありますが、まずは皮膚科の診察をうけることをおすすめします。

なぜなら、ひび割れの原因が「水虫」である可能性も捨てきれないからです。

 

3)かかとを刺激しすぎない

間違ったケアのひとつに、角質の削りすぎがあります。

とくに、お風呂場で、角質がふやけた状態でこするのは、とても危険です。

角質以外もけずってしまう危険性があるからです。

角質をけずるであれば、お風呂上がりに、一定方向に優しく、行いましょう。もちろんケア後の保湿は忘れずに。

また、体の全体重のうち、およそ7割はかかとにかかっています。

立っているだけでしたら、ある程度の重さは支えられますが、もし、サンダルなのでペタペタ歩きをし、かかとをこするように歩いてしまうと、余分な刺激となり、かかとが固くなったりひび割れたりしてしまいます。

かかとの角質が、なかなか良くならない方は、靴のサイズが大きすぎないか、歩き方に問題がないか、見直してみることも大切です。

いかがでしたでしょうか。

冷やさない、乾燥させない、刺激しずぎない。

以上、自分でできるかかとの角質ケアを3つご紹介しましたが、なかなか改善が見られない場合は、プロに角質とりをお願いしてみてもいいと思います。

お近くの「フットケア」のお店などを探してみてください。

当店では、女性のお客様に限り、ドイツ式のフットケア、フスフレーゲという技能を使ったケアをご提供しています。

ただし、通院が必要と思われる症状の場合は、施術をお断りすることがございますので、あらかじめご了承のうえ、ご予約をお願いいたします。
https://kutsu-family.com/footcare.html

サイト内検索

新商品入荷のお知らせをメールで受け取りませんか?

靴のファミリーでは、年に数回、新商品が入荷した際に、メールでお知らせするサービスを実施しています。

以下のフォームからメールアドレスをご登録いただくと、新商品入荷のご案内をお届けいたしますので、ぜひご利用ください。

携帯電話のメールアドレスをご利用の方は
oshirase@mm.kutsu-family.com からのメールを受信できるように、各自設定をお願いします。


オススメ記事一覧

フットプリントの様子

スタッフ紹介

サイト内検索

タグ

人気記事ランキング

靴のファミリー

靴のファミリー
所在地
〒264-0003
千葉市若葉区千城台南1-3-10
電話番号
043-237-0271
アクセス
千葉都市モノレール千城台駅から徒歩5分
営業時間
10:00~19:00
定休日
日曜日
駐車場
駐車場スペース二台分